2019.11.2(sat) | 5pm〜8pm

Irish​music party

at Komorebi Lodge

vol.3

アイリッシュミュージックパーティー

at 北沢峠こもれび山荘 vol.3

Photo/TaQ Inoue (Happy Dayz Prd.) 

2018.10.20(sat)

17:00 - 20:00

北沢峠こもれび山荘

Komorebi Lodge

DATE

2019.11.2(sat)

17:00-20:00

session/2hours

lights-out time/21:00

PLACE

北沢峠こもれび山荘

Komorebi Lodge

ABOUT

屋内外問わず、さまざまな場所で開催してきたアイリッシュミュージックパーティー。2018年の6月と10月に、標高2,032mにある南アルプスの山小屋「北沢峠こもれび山荘」の中で開催をし、大盛況のうちに終えることができました。そして11月2日(土)、ご好評につき3回目の開催が決定! 薪ストーブで温められたラウンジで、美味しい食事やお酒とともに一晩限りのセッションを繰り広げます。今回アイリッシュミュージックパーティーに参加するのは、国内外で活躍中の若手ミュージシャン5名。たっぷり3時間、トークも交えながらセッションと美味しい時間をお届けします。

また、初冬の南アルプスをより楽しんでいただくために、イベント翌日の11月3日(日)にプロの山岳写真家と歩くフォトトレッキング企画も実施予定です。音楽とともにぜひお楽しみください。

ACCESS

駐車場のある仙流荘(長野県伊那市)から、南アルプス林道バスに乗って北沢峠まで約1時間。または市営芦安駐車場(山梨県南アルプス市)から南アルプス登山バスに乗って北沢峠まで約1時間半(途中、広河原で乗り換えあり)。山小屋は北沢峠のバス停の目の前にあります。
※Please feel free to contact us!
imp.komorebi@gmail.com

 


PERFORMER

Irish music party

トシバウロン(バウロン)

Toshibodhran(bodhran)

日本では数少ないバウロン専門のプレーヤー。他の楽器と波長を合わせグルーヴを作り出すことに長けているが首が曲がりメガネが弾け飛ぶほどダイナミックな動きには賛否両論がある。2000年冬アイルランド留学中にアイリッシュ音楽を始めパブセッションで研鑽を積む。現在John John FestivalやKarmanなどを軸に多様な活動を展開中。2012年スペインOrtigueiraケルト音楽フェスのバンドコンペティッションでは日本人初の優勝を果たし、2016年アメリカFolk Alliance International正式参加、カナダCeltic Coloursでは日本人バンドとして初の招聘を受けるなど、海外ツアー経験も豊富である。アイリッシュミュージック専門イベント企画やCD販売レーベル「TOKYO IRISH COMPANY」を主宰する。

キャメロン・ニュエル(フィドル)

Cameron Newell(fiddle)

スコットランド、エジンバラ出身のフィドル奏者。伝統音楽が盛んなオークニー諸島出身の母親の影響を受け5歳からフィドルを始める。オークニー諸島の伝統的なスタイルが反映された彼の演奏は高い評価を受けている。2017年、シンガーソングライターのアミー・ヒルとアルバム「Getting Ready for a Swim」をリリース。2019年5月には、エジンバラを拠点としたバンド「Sanna」のデビューアルバムにフィドル奏者として参加。現在、英国王立スコットランド音楽院、伝統音楽学科の修士課程に所属し、アリスター・マカロック(Alistair McCulloch)のもとで研鑽を積んでいる。

 

松岡莉子(ケルティックハープ)

Riko Matsuoka(celtic harp)

ケルティックハープ奏者。英国王立スコットランド音楽院(Royal Conservatoire of Scotland )スコットランド伝統音楽学科修士課程を2019年に修了。2018年、英国スコットランドで開かれた英国最大のケルティックハープのコンクール"The Princess Margaret of the Isles Memorial Prize for Senior Clarsach"にて優勝。スコットランドで毎年行われるケルト音楽の祭典「ケルティックコネクション」や世界最大規模のハープの祭典「エディンバラハープフェスティバル」へ出演するなど、スコットランド現地においても活躍を続けている。

高橋創(ギター&バンジョー)

Hajime Takahashi(banjo)

小学校5年生の時にギターを始め、たまたま聞いたビートルズの音源に衝撃を受ける。中学生の頃アイリッシュギターの第一人者である城田じゅんじ氏に師事。2010年からアイルランドへ拠点を移し、現地でアイルランド音楽を学ぶ。ヨーロッパ各国でアイルランド伝統音楽を演奏する Friel Sisters や2017年の Young Musician of the Yearに輝いたコンサーティーナ奏者 Liam O’Brienなどアイルランドの若手で実力ある音楽家たちと多数共演を果たし日本人ならではの繊細な感性、鋭さと温もりを併せ持つ変幻自在な演奏スタイルが好評を博す。2017年末に帰国し、アイルランドからのミュージシャン誘致、ツアーを企画する Walk Slow を設立。東京在住。

©︎Taira Tairadate

田中千尋(ボタンアコーディオン)

Chihiro Tanaka(button accordion)

千葉県出身。東京藝術大学音楽学部楽理科卒。学内のアイリッシュ音楽サークルg-celtにてアイルランド音楽と出会い、同年秋より、ボタンアコーディオンを弾き始める。Toyota Ceili Band、セツメロゥズ、Leanbh、Loup-garou等のグループのメンバーとして東京を中心にライヴやアイリッシュセットダンスのイベント等で参加。また月1でアイリッシュセッションホストも行う。

GUIDE/PHOTOGRAPHER

廣田勇介(日本山岳協会認定山岳ガイド) 

Yuske Hirota(mountain guide)

バックカントリースノーボードガイド、山岳写真家、執筆家と、豊富な経験を活かしてマルチに活躍。
https://www.yuske.net/
※English speaking guide

 

© 2018 北沢峠こもれび山荘 All Rights Reserved.              

  • Facebookの社会的なアイコン
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now